未分類

子供の音痴は直る?合唱クラブで音痴を改善!

音痴な子供は少なからずいます。自分の子供が音痴だと不安に感じてしまうことがあるのではないでしょうか。できれば子供のうちに音痴を直してあげたいですよね。ここでは、子供が音痴になる原因や音痴を直す方法について紹介していきます。正しいアプローチをすれば音痴を直すことは可能なので、親がうまくサポートしてあげましょう。

子供が音痴になる原因

そもそもなぜ子供が音痴になってしまうのでしょうか。その原因がわかれば、解決策も見出すことができます。

環境的要因

子供は6歳ぐらいまでに耳の機能が形成され、10歳になるころには耳の機能が完成するといわれています。その後は大きく成長しないため、耳の機能が形成される時期にどれだけ音楽を聴いたのかという点が非常に重要になります。両親が音楽好きで、毎日音楽が流れている家庭で育った子供であれば、自然とリズムを取ったり口ずさんだりしているので、正しい音程を身につけることができます。

音痴は遺伝しない

親が音痴だからといって、子供も音痴になるわけではありません。子供の音痴は遺伝が原因だという実証はなく、育った環境が大きな原因だという考え方が一般的です。音楽に触れてきた量の差によって、歌の上手下手の差が生まれてしまうので、生まれたときから音楽に接してあげる機会を増やしてあげれば、音痴を予防することができます。

親が音痴だった

音痴は遺伝しないとはいえ、子供時代に音痴の親が歌う音楽を聴いて育ってしまうと、その音がベースとなってしまい、音痴になってしまう可能性があります。この場合は親が歌って覚えさせるより、音楽を聴かせて音感やリズム感を身につけさせてあげましょう。

子供の音痴を直すなら合唱クラブが最適!

耳の機能がある程度成長してから音痴を直すのは大変です。自宅で直すことも可能ですが、一番確実なのはプロに習うことです。

音痴には発声練習が効果的

合唱クラブでは、歌う前にまず発声練習を行います。歌うのは二の次です。音合わせができないと正しく歌うことができません。地道に音合わせをすることで、次第に正しい音程を発声できるようになります。発声練習は地道な作業になるため、自宅で練習すると途中で挫折してしまう可能性がありますが、合唱クラブに入れば、ほぼ強制的に発声練習をさせます。毎日練習しなくても、定期的に練習を繰り返せば、正しい音を出せるようになっていきます。

客観的に判断してもらえる

合唱クラブに入るメリットは、プロからレベルの高い指導を受けられる点にあります。音痴の子供は自分がどこで音程を間違っているのかということがわかっていない場合がありますが、合唱クラブに入ればプロから客観的なアドバイスをもらえるため、苦手な部分を徹底的に練習できるようになります。自分の歌声を録音して自宅で練習することもできますが、途中で挫折するリスクが高く、あまり効果的とはいえません。合唱クラブなら徹底的にサポートしてくれるので、子供の音痴が直る可能性は非常に高いといえるでしょう。

音が取りやすくなる

合唱クラブには歌がうまい子もたくさんいます。歌の得意な子に後ろに立ってもらいながら歌うと、音が取りやすくなり、音痴改善にも役立ちます。一人で練習しているとこのような効果は得られないため、合唱クラブに入るメリットは非常に大きいといえるでしょう。

歌うことに自信がつく

初めのうちは練習が辛いと感じるかもしれませんが、歌う機会が増えれば、嫌でも歌う能力が向上します。歌える曲が増えていくと、歌うこと自体に自信がついてくるようになります。自信がついたころにはすでに音痴も解消されています。歌うことはストレス解消にも役立つので、子供のうちに大いに歌わせてあげましょう。

幼少期は音楽に触れさせることが大切

6歳未満の幼少期のうちは声帯や聴覚が未発達のため、正しい音程が取れないことは普通です。幼児の音痴はあまり気にせず、どんどん音楽に触れさせましょう。正しい音程を聴かせることで、音痴は自然と直っていきます。小さいころから音楽に触れる環境を整えてあげれば、音痴の予防に役立ちます。自宅で音楽を聴かせるのも良いですが、音楽教室などに通わせるとさらに高い効果を発揮します。

楽器を習わせる

音楽系で定番の習い事といえばピアノ教室ですが、他にもさまざまな音楽教室があります。

  • ピアノ教室
  • エレクトーン教室
  • バイオリン教室
  • ギター教室
  • ドラム教室

幼児を対象にした教室も多いので、子供の個性に合わせて好きな教室・楽器を選ばせてあげましょう。楽器は子供が興味を持ちやすいので、音楽を好きになるきっかけにもなります。楽器を通してリズム感や音感が身につくため、歌の上達にも役立ちます。楽器なら子供も楽しく学ぶことができるでしょう。

ダンス教室に通わせる

音痴を直すにはリズム感を学ばせることも大切です。ダンスはリズム感をつけるのに最適です。体を動かすことが好きな子供なら、楽器よりもダンス教室に通わせたほうがいいかもしれません。一口にダンスといってもさまざまな種類があるので、体験レッスンなどを受けて、子供が興味を持つ教室に通わせてあげましょう。

    null
  • ヒップホップ
  • バレエ
  • ジャズダンス
  • フラダンス
  • チアダンス

ダンスをするとリズム感がつくだけでなく、基礎体力の向上にもつながります。自己表現力も身につけられ、人前でも動じない子に成長します。ダンスなら楽器などを購入する必要もないので、経済的にも優しいといえるでしょう。

子供の音痴を直すときに注意すべき点

子供の音痴を直すには親のサポートが必要不可欠です。ただ親が意気込んでしまうと、逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

叱らない

子供が音痴だからといって叱ることは避けましょう。叱ってしまうと、子供がストレスを感じてしまい、音楽嫌いになる可能性があります。

音痴はトレーニング次第で直すことができるため、叱らずに優しくサポートしてあげましょう。慌てずじっくりトレーニングを行っていくことが大切です。緊張状態よりもリラックスした状態のほうが学習環境として適しているため、親が子供にプレッシャーをかけるような行動は避けるようにしてください。お風呂などリラックスした時間に練習させるのがおすすめです。

音痴であることを指摘しない

子供が音痴であることを本人の目の前で発言してしまうと、深い傷を残してしまうことがあります。「歌が苦手」だと感じている人の多くは、人生のどこかで自分が音痴であることを指摘されたケースが多い傾向にあります。子供が歌うことに苦手意識を持ってしまうと、音痴を直すのが難しくなってしまうので、声がけするときは十分注意しましょう。

楽しく練習させる

子供の音痴を直すには、たくさん音楽を聴かせたり、練習させたりすることが大事です。ただそのときに子供が楽しんでいなければ意味がありません。教室に通わせるときも、家で練習するときも、子供が楽しめるかどうかという点を重視しましょう。「音楽が楽しい」「歌うことが楽しい」という意識が生まれれば、音痴もいつの間にか直っていきます。

なるべく早めに音痴を直す

人間の聴覚というのは、6歳になるまでの間に急激に成長します。これは科学的にも証明されており、この時期に覚えた音楽の感覚というのは、大人になってからも大きな影響を及ぼします。つまり、幼少期のうちに音痴を直してあげれば、正しい音程で成長していくことができるのです。幼少期を過ぎてからでも音痴を直すことは可能ですが、時間と労力がかかりやすいデメリットがあります。幼少期であればあるほど音痴を直しやすいので、早めに親がサポートしてあげましょう。

まとめ

子供の音痴はトレーニング次第で直すことができます。小さいうちからたくさんの音楽を聴かせて、正しい音程を身につけさせましょう。音痴を直すときに大事なことは、本人に楽しませてあげることです。音楽教室などに通わせるときも、本人が一番行きたがっている教室を選んであげましょう。本人が楽しみながら練習すれば、音痴が直るのも早くなります。親がうまくサポートして、歌うことを楽しめる人生に導いてあげましょう。